nba 優勝 オッズ

見落としがちな4つのNBAベッティング戦略

レギュラーシーズン中のチームの賭けとなると、さまざまな理由があって、NBAはプロスポーツに加わることと同じぐらい難しいものです。一貫性のないパフォーマンス、予想外の残り日数、それにさまざまな他の要因で、定期的にリーグを予測することが難しくなっています。そうは言うものの、戦略を見直してバンクロールを加えることに役立ついくつかの「コツ」があります。

1. ハーフ

ゲーム全体の結果を予測することは明らかに難しいことですが、2つに分ければ、もっと管扱いやすい部分があって、物事が少しだけ簡単になります。ゲーム全体に賭けようとする代のではなく、最初の半分と残りの半分の結果に分けて賭けましょう。まず、ハーフで一番人気の賭け方式は、試合全体に対するこの賭けと同じく、スプレッドです。試合全体で正確に選ぼうとするのと同じように、ハーフ・ハーフベースのスプレッドを予測しようとしている時には同じチャレンジがあります。その理由のために、私は決まって別のルートを選びます。

2. プレーヤープロップ

分かっていますよ。プロップベットは、一般的にはスポーツベッティングのインとアウトを理解する人が好まないもの。そうは言っても、NBAプレーヤープロップは、多くの人にNFLプロップベットオプションよりも価値を与えます。私が一番成功した特定のベットのことを言うなら、アシストやリバウンドではなく、ポイントに集中する傾向にありますね。私の経験においては、それに加えるためには、チームで2番目にすばらしいプレーヤーの得点数を予測することはうんと簡単です。

どのプレーヤーに得点を入れる責任があるのかということになると、ほぼすべてのNBAチームに1番、2番のオプションがあります。日本のオンラインNBAスポーツブックは、皆さんがトップの得点オプションにオーバーを賭ける傾向にあることが分かっています。つまり、ハウスが多くのアクションとして受け入れない他のエリアで投資する機会があるということです。

3. ライブベッティング

レギュラーシーズンの試合となると、NBAには不思議と一貫したテーマがあります。片方のチームが明らかに対戦相手を上回っているというミスマッチの間には、これは特に本当のことです。NBAの試合の第1クォーターを一番予測できるということは疑いの余地はありません。プレーヤーは、負けそうなチームに早いうちにリードするすばらしい機会を与える攻撃エンドでリズムを見つけようとしています。言うまでもなく、リーグで最高のチームは前半にのんびりと進めながら、試合の後半で「スイッチを入れ」始めることがよくあります。

4. マネーライン

価値と言えば、私の意見になりますが、NBAで賭ける時にはマネーラインは最も活用されないツールのひとつです。比較的互角の2チーム(リーグの「真ん中」20チームだと考えてください)で試合をする時には、どのチームが勝つのかということは、基本的には五分五分の見込みです。大きな変わりやすさは、負けそうなチームに有利になります。これは、少し単純すぎるかもしれませんが、この論理を類似例で説明しましょう。コイン投げで賭けていることを想像してみましょう。ここでの唯一の特徴は、オッズが50-50ではないということです。この例では、オッズは、表は+135、裏は-120です。賢いベッターは毎回高い方の値のオッズを選びます。

Post a Comment